生命の水と森の活動センターは、徳山ダム上流域を核とする揖斐川水源地域の豊かな自然環境の保全と、水源地域の活性化を図ることを目的として活動しています。


ホームへアクセスリンク予約・お問い合せご支援のお願い
生命の水と森の活動センター
生命の水と森の活動センターとは日記活動報告
体験学習ボランティア募集揖斐川水源地域ビジョン徳川ダムを知る
揖斐川水源地グッズ徳山ダムと周辺観光体験施設紹介
日記
トップ > 日記
2013年01月19日
 写真

“冬の森体験を行いました”
今回は2家族のご参加で、そり遊びをしていただきました。毎度ありがとうございます!直前に降った雪のおかげで楽しく滑ることができました。
お昼は毎年恒例のイノシシ汁に加えて、今回はダッヂオーブンで焼きイモもやってみました。たくさん体を動かした後はご飯もおいしいですね!
雪遊びが終わったあと、子ども達から「モノづくりもしたい!」という声をいただきました。学習館では5名以上から木工クラフトのご予約を承っております。1~3月は予約が取りやすいので、また遊びに来てくださいね!(エビちゃん)
2012年12月26日
 写真

“イグルー作り・歩くスキーを行いました”
今日は今年最初の冬の体験メニューを行いました。前日に雪が降ってくれたおかげで新雪の上で行うことができました。
だれも足を踏みいれていない雪原で遊ぶのは、とても気持ちがいいですよ!

今年の「冬の森体験」のお知らせもアップさせていただきました。是非ご覧ください!(エビちゃん)
2012年12月01日
 写真

“ノウサギに出会いました”
学習館の周辺には野生動物がたくさんいます。
シカ、イノシシ、タヌキ、キツネ、アナグマ、イタチ、テン等・・・私も夜間にときどき出会うことがあるのですが、ポケットからカメラを出す前に逃げてしまうので、なかなか写真を撮ることができません。
今回出会ったノウサギは肝が据わっていて(?)10分以上逃げずに行動していたので撮影ができました。

日中に野生動物に出会うのは難しいですが、雪が降れば学習館の周辺でたくさんの動物達の足跡を確認することができます。興味のある方は是非遊びに来てください!(エビちゃん)
2012年11月25日
 写真

“炭焼き体験を行いました”

今年度初の炭焼き体験を行いました。
今回はドラム缶式炭窯1号&2号を使用し竹炭を作りました。
ギューギュー詰めに押し込んだ竹を燻しつづけて7時間!みんな煙たい中で根気よく頑張りました。
一晩寝かせて窯から出すと、今までで一番良い出来なんじゃないか?と思うほどの竹炭ができあがっていました。

完成した竹炭&竹酢液は、詰め放題で欲しい分だけお持ち帰りいただきました。おつかれさまでした!
2012年08月16日
 写真

“親子サマーキャンプを行いました”
今年も「親子のふれあい」をテーマに親子サマーキャンプを行いました。4家族17人の方に参加していただきました。前日まで雨が降っていて天気が心配でしたが、なんとか持ちこたえてくれたので、ほぼ予定通りのプログラムを行うことができました。テント設営から料理、火の管理まで、家族で協力して行っていただき、夜もみんな無事にテントで過ごすことができました。今年は1家族で1つのカマドを使用して飯ごう炊さんができたり、星の家さんのご協力によりお風呂に入れたりして、昨年よりゆったり過ごすことができました。
冬にもまたキャンプをやる予定です。ぜひまた遊びに来てください!

写真はキャンプファイヤーです。今回の親子サマーキャンプも岐阜県キャンプ協会にご協力いただきました。楽しいレクリエーションと演出で素敵な時間をすごすことができました。ありがとうございました!(エビちゃん)
2012年07月05日
 写真

“川遊びを行いました”
今年度初の川遊びを行いました。今年は水温がなかなか上がらず7月からのスタートとなりました。
今回は子供たちに箱メガネとタモ網を使ってもらい、浅瀬で生き物探しをしました。ヨシノボリやドジョウの仲間、水生昆虫を見つけることができました。中にはなんとタモ網でウグイやオイカワをすくった子もいました。素早い魚なのにすごいですね!
(エビちゃん)
2012年05月05日
 写真

“活動PRを行いました”
5月1日から5月5日の徳山ダム観光放流期間に合わせて、藤橋城駐車場において活動PRを行いました。
水と森の学習館オリジナルグッズの販売と道案内が主になっていましたが、以前に冬の森体験に来ていただいた方と出会えたり、いろんな方と交流することができました。(エビちゃん)
2012年04月08日
 写真

“安全祈願祭を行いました。”
平成24年度も安全に自然体験学習・環境活動を行うことができるよう、新井神職様に来ていただき安全祈願祭を行いました。同時に新しい体験資材のお祓いもしていただきました。
皆様に充実した体験活動を ご提供 できるよう職員一同より一層努力いたします。今年度もよろしくお願いします!(エビちゃん)
2012年03月04日
 写真

“炭焼き体験を行いました(2日目)”
昨日焼いた炭を一晩かけて窯ごとゆっくり冷まし、今朝取り出しました。
ちゃんと炭になっているのか?もしや灰になっているんじゃないか?と、皆でドキドキしながら蓋の土を崩しましたが、無事に完成した竹炭を取り出すことができました。苦労の甲斐あって、完成した喜びもひとしおです。
参加していただいた方からは「予想以上の手間暇を要した。更なる勉強・修行をしなくては!」「(装置が)意外と大がかりで驚いた。」「作った竹炭は野菜作りに活かしたい」「他の参加者と情報交換ができてよかった」等の声をいただきました。
私も、経験に裏打ちされたノウハウ(素材の状態把握、火力調整・動作のタイミング)がモノを言う、マニュアルだけでは作れない炭焼きの難しさを感じました。これは奥が深そうです!
皆さんお疲れ様でした!(エビちゃん)
2012年03月03日
 写真

“炭焼き体験を行いました(1日目)”
当センター長の炭焼き体験15年間のノウハウが詰まったドラム缶式炭窯を用いて、竹炭と竹酢液を作りました。
今回は材料となる孟宗竹、炭焼きの方法についての座学から、火をつけてから竹炭を窯から掘り出す実技までの一連の体験講習です。
センター長曰く、「ノウハウは全て公開した!」そうです。来年度の体験に向けて私も勉強させていただきました。
炭焼きに興味がある方、荒れた竹林の整備&有効利用を考えている方等にお集まりいただきました。参加者の皆さんには材料を入れた窯に火をつけ、一日かけて窯の温度管理もしていただきました。炭の仕上がりを左右する重要な作業です。薪をくべる皆さんの表情は真剣そのものでした。体験中は炭焼きの話のみならず里山の自然や物づくりの話題で盛り上がり、とても有意義な勉強会となりました。(エビちゃん)
<< 前へ 次へ >>